interview

社会を変えるサービスへ 成長させたい

M.I

PM /2021年入社

大学卒業後、大手電機メーカーに入社。 ソフトウェアエンジニアを経て、基地局のインフラ開発や新規事業立ち上げPMに従事し、7年間在籍。 その後、ケーブル会社でのサービス立ち上げ、ドローンベンチャーでのPMを経験し、21年6月にACALLへPMとしてジョイン。

本記事は2021年9月時点のものです。

ACALL入社の理由

自身のキャリアにおいて「社会貢献性の高いサービスに関わること」をテーマに置いています。
そのテーマを以って、前職はドローンベンチャーへジョイン。
幅広い産業に改革を起こせる可能性を秘めており、社会貢献性の高い領域でプロジェクトを推進していくことに面白みを感じていましたが、より「個人の生活」に対して影響のあるプロダクトを扱いたい想いが生まれ、そんな時に出会った会社がACALLでした。

「くらしとはたらくをデザインする世界の実現」というビジョンに強く共感しましたし、面接内で長沼(CEO)との対話を通じ、彼の描いている世界の実現=ビジョンの実現のために、自分もACALLにジョインしたいと強く思いました。

普段の業務

WorkstyleOS導入において、年単位で導入ステップを踏んでいく案件や、導入と併せて新たな機能開発をしていく顧客をクライアントに持ち、PMとしてプロジェクトを促進しています。

ACALLはプロダクトアウトとマーケットインの両軸でサービスを開発しています。
昨今、個人の働き方に対する概念が変わりつつある中で、”働き方を変えるプロダクト”として
どう成長させていくのか?そこにマーケットの需要はあるのか?
といった大きなテーマを以ってPM業務を進めるシーンも多く、難しさと面白さを感じながら、日々過ごしています!

所属チームの体制

PMチームはマネージャー1名・メンバー2名の構成です。
大型案件に対するプロジェクト推進の他、アライアンス開発等も担っています。
個々に違う案件を持ち、動いているので、定期的にお互いのプロジェクトの進捗共有をし、連携を取っています!

今後やっていきたいこと

当社は「Practice and Spread New Workstyle」というバリューに対し、自分たちが様々なくらし方・はたらき方に挑戦し、得た経験・知見をプロダクト開発に活かしていこう!という価値観を大事にしています。
PMとして、そういった社内での取組における、経験や知見をプロダクト開発に活かしていきたいですね!

「くらし」と「はたらく」のデザイン

今は…正直できていないです!笑
ACALLに入社したからには、”自分なりの、くらしとはたらくのデザイン”をしたいと思っています!
フルフレックスなので、5:00~22:00までが就業可能。趣味の「農業」の時間を平日の日中・夕方に持ちつつ
、仕事も熟していくスタイルを築きたいです。