2017.12.28

2017年のACALLの成長を振り返ってみた


2017年も残すところあと僅かですね。今年もACALLを通じて多くの企業様に大変お世話に
なりました。ACALLの成長に伴い、ご利用頂く企業様も急激に増えてきたことを大変嬉しく
思います!

ここで、改めて2017年に起きたACALLの出来事を振り返ってみたいと思います!
どんな成長を遂げたのか、是非ご覧ください。

【2月頃】
大規模な企業様での導入を踏まえ、「来訪者閲覧ポリシー機能」を公開しました。
これによりグループ単位/個人単位でアポイント一覧を閲覧できるよう制限を設ける
ことが可能となりました。
社員数が多い企業様では、実際他のグループ/社員にアポイント情報を閲覧されない
よう運用したいという要望も多いかと思います。

また、Skype for Business通知機能O365カレンダー会議室予約連携など
マイクロソフト社のサービスを導入している企業にもご利用頂けるよう、
機能追加を行いました。
(ACALLはマイクロソフト社サービスとの連携が充実してますよ!!)

【3月頃】
ACALLにとって初めてゲート連携(入館証を利用してゲートを開閉する)
対応しました。入館証を使ってゲートが開いた瞬間は、とても嬉しく感じた
のを今でも覚えてます。

また、合わせて入館証を使って退館処理を行えるようすることで入館/退館時間
をきちんと管理できるようになり、よりセキュアな企業様にも導入頂けるよう
改善しました。

【4月頃】
今まではChatwork/Slackといったチャットアプリへの通知をメインに対応
しておりましが、営業活動を通じて「対応漏れがないよう、より確実性の高い
通知手段が欲しい」と多くのお客様からお声を頂いておりました。

そこで、「音声通知機能」を公開しました!外線番号/携帯電話へ着信をかけ、
ゲストの会社名・氏名を読み上げてくれるため、確実性の高い通知として
ご利用頂けます。

【6月頃】
ゲストへ招待メールを送信する際、数日前ならゲストもメールを確認しやすい
ですが、随分前に招待した場合には探すのに手間がかかりますよね。。

実際に自分たちで利用している中で「これでは使いづらいな・・」と感じた
ため、「招待メールのリマインド機能」を公開しました!
これにより、前日の指定した時間帯に再度招待メールが送信されるため、
当日に招待メールを探すという手間がなくなりました♪

他にはメールテンプレートの並び順を変更したり、Chatworkへのルーム通知
を可能にしたりと細々とした機能追加をコツコツと石橋を叩くかの如く続けて
いた時期です。

【8月頃】
この夏のメインイベントである「ゲスト管理機能」を公開しました!オフィスの
新しいおもてなしの顔になるためには、ゲストを気持ちよくお出迎えできる仕組み
を用意したい。そこでゲストとの接点・趣味嗜好を把握して応対できれば、気持ち
よくおもてなしの心を持って対応できるのでは、と考えました。

ゲスト管理機能を提供することで、ゲストが良く飲まれる飲み物・趣味・出身地
などの情報を事前に把握し応対でき、打合わせのアイスブレイクからクロージング
まで、ゲストに合わせたおもてなしをすることが可能となりました!

【9月頃】
もっと気軽に簡単にACALLをご利用頂けるよう、10名以下で利用できるフリープラン
を公開しました!また、兼ねてよりスペースオーナー様からご要望頂いておりました
コワーキングスペースプランも同時にリリースしました。
(振り返ってみるとこの頃から加速度的に会社の環境が変わってきたような。)

【12月頃】
少し飛んで12月!社名を株式会社BALANCE&UNIQUEから、プロダクト名である
ACALL株式会社へ変更致しました。
今までは長い社名で覚えづらい、BALANCE&UNIQUEという会社とACALLという
プロダクトが結びつかないといった支障もありましたが、
今後はACALLの開発・運営に集中し、お客様により良いプロダクトをご提供できる
よう尽力してまいります。

【まとめ】
ポイントをまとめてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
振り返ってみるとこの一年で随分多くの機能追加・改善を行ってきたものだなと
、改めて感慨深いですね(思えば遠くへきたものだ・・という感じです。)

2018年は受付だけではなく、クラウドビジターマネジメントサービスACALL
(アコール)という名前通り、アポイントから会議までの一連の来訪プロセス
を変革し、プロセス全体を統合的にプラットフォーム提供することで、
企業の生産性向上と収益の向上に貢献していきたいと考えております。

今後共、ACALLをよろしくお願い申し上げます!


Youtube